ドッグフードランキング!

 

犬の健康を守るために!粗悪なドッグフードを食べさせない!

 

長い間人間と寄り添って生きてきたペットたち。犬を始めとしたペットは人間の生活を彩り豊かなものとしてくれますが、その分飼い主にはペットの面倒を見るという義務も課せられます。特にペットの衣食住は飼い主に依存することになり、その中でも食事はペットの健康に大きな影響を及ぼしますから、飼い主が責任を持って安全で栄養のバランスが取れた食事を与えなければなりません。

 

犬の食事というと何の疑問も抱かずにドッグフードを与えている飼い主が多いと思いますが、残念ながら日本で流通しているドッグフードの全てが犬の健康を第一に考えて作られているとは言えません。それどころか、犬の健康よりも利益を優先し安全性を軽視しているドッグフードの方が多いのが現実です。ですから、飼い主は責任を持って、安全なドッグフードをそうでないドッグフードを見極め、前者を選んで愛犬に与えなければならないのです。

 

本来は安全性が担保されたペッドフードのみが流通し、そうでないペットフードが販売できないような仕組みがあってしかるべきなのですが、現状では飼い主に十分な知識が求められます。粗悪なペットフードを与え続けていると、単に寿命が短くなってしまうだけでなく、辛い病気を患わせてしまい苦しみの中で別れを迎えることになってしまうかもしれません。そうならないように、確かな品質のドッグフードを選ぶ知識を養いましょう。

 

ドッグフードの選び方

 

まず、愛犬に与えるドッグフードの条件として最初に挙げたいのは、原材料に肉の副産物を用いていないことです。肉の副産物というのは食肉として流通できない品質の素材を加工したもので、売れ残って賞味期限の切れた肉を加熱しミンチにしたもの、病死した動物の肉や骨を粉末状にしたものなどが含まれます。肉の副産物は安全性に関する基準が十分ではなく、人間が口にすることはないため、安全性に強い懸念があるようなものも平気で流通しています。しかし当然のことですが、人間が口にするには安全でないものを、どうしてペットが安全に食べられましょうか。愛犬を家族の一員と思うならば、人間が食べられない肉の副産物を用いたドッグフードを愛犬に与えるべきではありません。

 

次に、原料に穀物を使用していないこともチェックしたいポイントです。米を始めとした穀物は人間の食料としては重要なものですが、栄養面から見ると犬や猫には重要ではありません。犬は体内で炭水化物を合成できるため必須栄養素ではなく、むしろ近年の穀物含有量の多いドッグフードのせいで様々な健康問題の原因となっています。特に小麦やトウモロコシなどは肉類よりも単価が安く、安価に量を増やすために用いられることが多いため、安いドッグフードほどこれらを配合していることが多く危険です。原材料に小麦粉やグルテン・トウモロコシなどが書かれていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

ドッグフードを選ぶ際にやはりチェックしないわけにはいかないのが防腐剤です。防腐剤はやはり全く含まないのが理想ではありますが、加工食品として流通させる以上は全く防腐剤を含まないドッグフードを求めるのは難しいですし、そのようなドッグフードは非常に高価になるということも想像に難くありません。したがって、様々な防腐剤の中で健康リスクの高いものを知り、それらを含まないドッグフードを選ぶ必要があります。

 

まず、特に危険な防腐剤として知られているのはエトキシンです。エトキシンという名前は知らなくても、枯葉剤ならば耳にしたことがあるでしょう。そうです、戦争でも化学兵器として用いられた実績のあるダイオキシン系の化学成分であり、その毒性は他のダイオキシン系成分と比べれば比較的低いものの、高い発がん性を持ち決して食品に使える水準の安全性は備えていません。実際に日本国内では法律でエトキシンをペット用食品にも配合することは許されていませんが、一部エトキシンを含むものが流通していることは事実ですので、そのようなドッグフードは絶対に選んではなりません。

 

また、ブチルヒドロアニソールとジブチルヒドロエキシトルエンも発がん性を有する防腐剤です。防腐効果が極めて高く超長期間の補完が可能となるほか、脂質の酸化・劣化を抑える働きが強いため、特に犬が喜ぶような高脂質のペットフードにこれらが配合されていることがあります。高脂質でおいしさを謳うペットフードは、不自然なほど長い賞味期限を持っていないか、原材料名に前述の二つの防腐剤が含まれていないかチェックしましょう。

 

犬のおやつの選び方。カロリー、原材料に注意

 

愛犬家の多くはドッグフードの品質や原材料については厳しくチェックすることと思いますが、一方で意外とチェックが甘くなってしまうのが犬のおやつです。犬のおやつは嗜好品のため犬に見向きしてもらえないと意味がなく、そのためかなり濃い味になっていたり、味を調えるために添加物が多く使われていたりすることがあり、むしろドッグフードよりも厳しくチェックしなければならないほどです。食事に気を遣ってもおやつで健康を害しては何の意味もありませんので、おやつの安全性もしっかりチェックしてあげましょう。

 

まずドッグフードの問題と同じで、肉の副産物などの危険な食材を材料としたものは断固として拒否しなければなりません。犬が好む味は肉類の味なのですから、おやつにもこれら粗悪な肉の残骸などが使われている可能性は大いにあります。○○ミールなどが含まれていないかどうかチェックしましょう。

 

また、これもドッグフード同様に防腐剤や着色料などの添加物もできるだけ含まないものを選びましょう。保存料を完全に廃すことは難しいかもしれませんが、健康リスクのある防腐剤などは全部名前を覚えておき全て排除するくらいの姿勢が望ましいです。

 

おやつ特有の問題としては、塩分や糖分などが過剰にならないように気をつける必要があります。嗜好品はどうしても犬が好むように味が濃くなりがちですが、その分犬の体には負担になります。特にトレーニング時のご褒美のように定期的・頻繁に与えることになるおやつは、できるだけ塩分や糖分が少ない薄味のものを選びたいものです。